ダイエットをやり直していて気づいたこと

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近、ダイエットを真面目にやり直しています。その過程で気づいたことです。

ちょっと前に「生涯最高体重」を更新してしまい、あわててジタバタしているしゅうまいです。

レコーディングダイエットアプリをよく見たら、2年間で8kgも体重が増えてたのです!
気づくの遅いよ!!って感じです。

太ってみての変化


1)足が疲れやすくなります。イングレスを始めた頃には7kmくらい平気で歩いていましたが、イングレス痩せの時期が終わったら逆に太るようになってしまい、そんなに歩けていません。

2)こ、これが噂の「股ずれ」…。生足でスカートをはくと太もも同士がこすれてスムーズに歩けないので、ショーツの上に履く下着(ペチパンツ)が必要になりました。もう、書いていて恥ずかしいよ(泣!

3)そんなに食べていないもん!カロリーのレコーディングを続けているのですが暴飲暴食をした覚えはありません。なんで太るのか分からないよ、助けて〜。

そんな時に出会った一冊の本が


通称「スリ美」「スリ真似」と呼ばれている「スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました」という本が良いというクチコミをキャッチしました。

これは、作者のわたなべぽんさんが、体重で便座を割ってしまったり、ふと手をついたアイロン台を壊したりというリアルなおデブエピソードをふんだんに披露しつつ、そこから見事に痩せるまでを詳細に綴ったコミックエッセイです。

コミックエッセイの良し悪しは、絵の上手下手ではなく、そこに盛り込まれる情報量やリアルな体験だと思うのですが、「スリ美」はかなりの情報量をコミックで簡単に読ませてくれるので、おデブにありがちな「面倒くさい」を回避してくれます。

絵も遠慮無くヌードの作者(コミカルなタッチです)が腹肉タプタプで登場しておデブが直視したくない「ハダカの自分」を意識させられるようになっています。この生々しさは、いいわ〜。

思い立ってジョギングをしようとしたシーンも「体がこんなに重いなんてっ」「膝や腰肩まで痛いし」「乳がゆれる」「尻がはずむ」「全身の肉が波打ってる」「ああ人目が気になって は はずかしぃ〜」という具合に、作者が感じたことが事細かく表現されています。

よく考えたらコミックの主人公ってみんなスリムじゃないですか。
でも、あなたの人生の主人公はスリムじゃないかもしれないんですよね。
現実を直視しなくちゃ!

おデブの習慣VSスリム美人の習慣


で、いまいち現状が把握できていないおデブのために、作者がかなり細かく「おデブにありがちなこと」をまとめています。
特に「言い訳が多い」は最重要項目です。

反対にスリムな美人がしていることもリストアップされていて、ここは作者の人間観察のスキルが冴えています。本当によく観察しているなぁという感じです。

よく体型の似た同士で友達になると言われているので、反対の人の観察はなかなかできない人もいると思います。

満腹感って何だろう?


作者が大事なことに気づくところです。
「お腹ぱんぱん」が満腹感だと思っていたところ、お腹がじわっと温かくなり先ほどまでのくたびれ感が無くなっていく、これが満腹感ではないかと分かり始めます。

そして、ご飯を時間になったら習慣的に食べていたところを、空腹感を感じてから食べるように心がけるようにしています。

また、ダイエットのご褒美が「食べ放題」という悪習慣を改めて、美人になれるホットビューラーなどのアイテムをご褒美にするようになりました。

他にも細かい情報では「太っている人は、のどの渇きと空腹をまちがいやすい」「じゃ、とりあえず水を飲んでおこう」というのもあったりして、隅から隅まで役に立つ情報が満載です。

私が気づいたこと


「スリ美」が教えてくれた、生活の習慣を見直すということ。

私がダイエットを真面目にやり直していて気づいた最大のポイントは、
「レコーディングダイエットしているつもりで、実は一部は記録しそびれていた」というものです。

私は全ての摂取カロリーを記録したつもりでいたのですが、ふとした間食の記録をサボっていたことに気づきました。
ふとした間食も、回数を重ねるとばかになりません。

私が感じていた「あまり食べてないのになんで太るの?」は、単に「食べたことを忘れている」からだと分かりました。

それから、私の最大の敵は食料の買い置きでした。
低糖質のダイエット向きの食材を買っているつもりでも、それを買いだめしていることにより、家にあるので食べてしまうという状態に陥っていました。

ストック品を持たないことにして、私のダイエットはゆるゆると成功し始めました。

うちはスーパーやコンビニに徒歩ですぐに行けるので、ストック品を持つ必要がありませんでした。

ただし、朝起きて何も無くて空腹時間を長く持ちすぎるのは良くないので、オルビスのプチシェイクだけは置いています。牛乳とあわせて約150キロカロリーなのでちょうど良い朝食代わりです。



なお、私はこのプチシェイクに更に最近話題の「チアシード」を大さじ1杯入れています。
水分を吸収して膨らむので、満腹感に貢献してくれて、更にオメガ3・オメガ6脂肪酸を含んでいます。
最近では、普通にスーパーでも売っているところもあると思います。

これで、ダイエットが成功して、成功記事が書けますように…!

▼自分の生活習慣を細かく見つめ直したい人におすすめです!

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪