本日発表「SnapLite」はiPhoneがスキャナになるガジェットでした

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ティザーサイトが公開されていたPFUの新作は「SnapLite」という名前とリスのマークだけ明かされていました。

snaplite

5月21日14時に「SnapLite PD-SL01」が発表になり、それがiPhoneを載せるとスキャナーになる、「ScanSnap SV600のお手軽版」とも言うべきガジェットでした。

私が予想していたのは「名刺専用読み取り機」なので、ちょっと、かすったかな…。

以前より発売されていたオーバーヘッド型スキャナー「ScanSnap SV600」は高機能ですがお値段が高いという難点がありました。
本を全ページ切り取らずに手動スキャンできてしまう撮影・補正機能や映り込んだ指を消す機能などがあり、卒業アルバムなどを取り込むのに良さそうですが、5万円オーバー(本日現在)です。

SnapLiteは撮影部をiPhoneに任せてしまうので、お手頃価格(12,800円:予約価格)になっています。

SnapLiteの全体的な外見です。スタイリッシュなラインのデザインはクリエイティブユニットのTENTが担当。
でも、これだけでは何をする物か分かりづらいですね。

このように上部にiPhoneを載せて使います。台の下側にはLEDライトが付いており、被写体をちょうど良く照らします。

読み取りにはiPhoneに専用アプリをインストールして、スタンド下部のボタンを押すだけです。

読み取りたい物が標準の範囲より広い場合には…(読み取り範囲はレーザーガイドが出ます)

合成モードで2枚をつなげることができます。傾き補正などは自動で行われます。
また、名刺など小さな紙をバラバラに置いたときには1枚ずつ認識される機能もあるようです。

スキャナとして使わないときでも、読書灯として使うことができ、iPhoneから昼白色と電球色の切り替えと明るさ調整ができます。

なお、スマホをスキャナーにするアプリを使ったことがある人なら分かると思いますが、傾き補正が面倒くさいんですよね。紙の四隅を検出してうまく補正してくれるアプリもありますが、万能ではありません。

スタンドに載せて撮れば毎回固定のアングルなので、補正が決まってピシッとピントの合った画像が撮れそうです。

また、立体物のスキャンができますので、ネイルアートやお子さんの美術作品などを撮っておくのにも使えます。タイマーシャッター機能は両手のネイルアートを撮るのに便利そうですね。

あるようで無かった面白いスキャナーの形が「SnapLite」です!
対応機種はiPhone 5/5s/5c iOS6.0以降
接続はBluetooth 4.0 でコネクタを挿す必要がありません

初回出荷には、SnapLiteのシンボルマークであるリスがプリントされたcheero特製マグネットクリップがオマケに付きます!
これが欲しかったら迷わずに予約ポチです。

斬新すぎて、この写真では何物か分かりづらい…
▼詳細をチェックする

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪