Ingress ミッションデーの石巻と女川で見たものは…

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イングレス大規模イベントPersepolisの興奮も冷めやらぬ間に翌6月21日は東北各地8ヶ所でミッションデーが開催されました。

ミッションデーとは、所定の「ミッション」をクリアすることで記念のメダルがもらえる特別な日のことです。

ミッションは、たいていは指定したポータルをハックするもので地図巡りの要素が強く、他にはポータルを敵陣から奪い返したり、MODを入れてアップデートすることを課することもできます。

私はまず石巻に行ってみることにしました。
仙台駅からJR仙石東北ライン快速で1時間と少しの距離です。

朝早く泊まっていたホテルをチェックアウトしてあくびをかみころして、なんとか電車に乗りました。

石巻のミッションデー


集合場所は松竹前広場です。若者のIT拠点イトナブや、石ノ森章太郎の石ノ森萬画館にほど近いところです。

Niantecの川島さんも駆けつけてみんなで記念撮影!

石巻のミッションは3種類(「見」「楽」「味」)を3つずつの9個も用意されていました。

私はまず楽しそうな、キャラクターポータルを巡るミッションを選びました。

アイコンになっていたロボコンです。

そして、歩いていうちにサイボーグ009をコンプリートできました。独立した像になっているもの以外にお店の壁から飛び出ているもの(右下)もありました。

もちろん、仮面ライダーなど他のキャラクターのポータルもたくさんありました。

他のミッションでは、津波の被害で今は存在していないものが幾つもポータル化されていることが分かりました。

橋の真ん中にあったため流失した映画館があることを私はイングレスで初めて知りました。
ポータルの中では当時の姿を知ることができます。

この酒店があったところは…

今は何もありません。

道すがら、津波の爪あとが今でも残る建物も見かけました。

それでも、その景色の横を「いしのまき復興マラソン」のウォーキングの部の参加者たちが通り過ぎていました。
もちろんイングレスのエージェントもです。

石巻は石ノ森章太郎の楽しいキャラクターと、津波のあとが残る、なんとも複雑で、一言では表現できないところでした。

私はノルマをクリアしてメダルカードを手に入れました。

ここで、女川にも行くという取材仲間に同行して車で移動しました。

女川で見たものは


到着したのが遅かったので焼きたての食べ物などは終了して、グッズの物販がありました。

また、会場の前の「女川水産業体験館 あがいんステーション」ではお土産品の販売があり、私はこのイングレスカラー(たまたまだと思いますが)の蛸のオリーブオイル漬けとホタテのオリーブオイル漬けを買い求めました。

女川では、復興に向けての造成工事の最中でした。

工事中のところが多くて、道路の曲がりが変わっていて、イングレスの画面だけでは正しい道が分かりにくかったという人もいたようです。

そして、私が最も胸をつまらせたポータルが、「女川いのちの石碑」でした。高台の中学校の前にあり、標高はスマホのGPSによると約30メートルの高さにあります。

石碑に刻まれた文章です。

ちょっと言葉にならないのですが、よろしければ拡大して読んでみてください。
追記:内容を書き起こしました

東日本大震災で、多くの人々の尊い命が失われました。地震後に起きた大津波によって、ふるさとは飲み込まれ、かけがえのないたくさんの宝物が奪われました。
「これから生まれてくる人たちに、あの悲しみ、あの苦しみを、再びあわせたくない!!」その願いで、「千年後の命を守る」ための対策案として、①非常時に助け合うため普段からの絆を強くする。②高台にまちを作り、避難路を整備する。③震災の記録を後世に残す。を合言葉に、私たちはこの石碑を建てました。

ここは、津波が到達した地点なので、絶対に移動させないでください。
もし、大きな地震が来たら、この石碑よりも上へ逃げてください。
逃げない人がいても、無理矢理にでも連れ出してください。
家に戻ろうとしてしている人がいれば、絶対に引き止めて下さい。

今、女川町は、どうなっていますか?
悲しみで涙を流す人が少しでも減り、笑顔あふれる町になっていることを祈り、そして信じています。
2014年3月 女川中学卒業生一同

そして、これは会場のあがいんステーションの前に飾られていたイングレスの横断幕です。

1段目は「女川人」、2段目からはグリフ(イングレスのゲーム中で入力する記号)で「CHANGE DESTINY CREATE FUTURE TOGETHER」と書かれています。

女川でイングレスをしている人たちの両軍共通の願いだと思います。

色々な思いを浮かべながら、再び石巻に向かいました。

石巻の懇親会


石巻のアフターパーティーは、前日のPersepolisと比べると小ぢんまりと行われました。

揚げたてのフィッシュアンドチップスが美味しかったです。

冷えたお酒が美味しかった人も多かったでしょう。

そして、ミッションのメダルカードは品切れになっていました。間に合わなかったエージェントには後日メールでパスコードが送付されることに。
Nianticはいつも見積もりが悲観的ですよね。こんなに人気があるのに!

そして、私は石巻駅から帰宅の途に着いたのでした。

感想


昨年の石巻のイベントではまだ参加者が少なく2桁でしたが、今年はたくさんの人が各地に散らばって訪れました。

イングレス効果はすごいです。

今までアノマリーイベントがあった東京も京都も良かったですが、東北に来られて良かったと思います。

やはり、その都度新たに発見があります。

「自分が普段の選択肢だと行かないところ」が空白地帯だったのが、段々と色付いて立体的に見えて来ます。

イングレスが、行かないところに行かせる力は強力です。これは、無理矢理引っ張るのではなく、ちょっと後ろから一押しするだけの力です。

で、昨日から直接の用は無くてもソフトバンクショップや三菱東京UFJ銀行の支店やATMに立ち寄るようになりましたよね?

なお、ミッションデーは東北の以下の8ヶ所で行われました。
仙台・石巻・女川・八戸・盛岡・陸前高田・福島・大仙

それぞれの地域で、それぞれの発見があったと思います。

ブログやGoogle+などで感想を知りたいので、「書くまでがイベント!」といういつもの合言葉で締めくくらせていただきます。

※前日のイベントPersepolisの様子も書いていますので下記のリンクからどうぞご覧ください。

関連記事


新発表も盛りだくさんのPersepolisアフターパーティー結果発表です
Ingress Persepolis 結果発表や新コラボ発表!

マーケットプレイスでの有志によるグッズ販売です。ほぼ全てのブースを回りました。
Ingress Persepolis Tohokuグッズ頒布会レポ

当日の戦況や戦いをするエージェントの様子です
Ingress Persepolis Tohoku戦いの経過

オープニングセレモニーのレポートです
Ingress Persepolis Tohoku オープニングレポ

オープニング前レポートです
Ingress Persepolis Tohoku始まります!

前日レポートです
イングレス大規模イベント「ペルセポリス」前日レポ

エージェントを呼び込みたい地方自治体の方に役立つ記事です
観光や地域活性化にイングレスって?「INGRESS×地方自治体」について聞いてきました

過去のイベントレポートです
Shōnin Kyotoレポ
Darsana Tokyoレポ

Posted from するぷろ (`・ω・´)

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪