iPhone 7で充電しながらイヤホン聴けるようにする二股ケーブルに悲しさが

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

iPhone 7およびPlusではイヤホンジャックが無くなりました。Lightningケーブルで充電しながらだと、Lightning用イヤホンが使えませんので困った挙げ句に買ってしまったものは…

iPhone_9V9A1721_TP_V_pakutaso

戸惑いつつ慣れるかと思ったら全然慣れなくてただ不便なだけのiPhone7からのイヤホンジャック廃止。

例えば、音楽聴きながらポケモンGOをしていると、みるみるバッテリーが無くなっていきます。
当然モバイルバッテリーは持ち歩いていますから、Lightningケーブルで充電しようとするとイヤホンが使えなくなります。
別売りでBluetoothのイヤホンやヘッドホンを買えば解決しますが、そのBluetooth機器も充電しないと動かないです。
だいたいiPhone本体を買って来たときに付属してくる標準のイヤホンがたびたび使えなくなるというのは、いかがなものでしょう。

充電しながらイヤホンが使えるのは…


そこで私はAmazonなどを検索してみたら、こちらの商品を見つけて入手しました。
Lightningケーブルが二股に分かれており、充電しながらイヤホンが使えるというケーブルです。
耳からシメジのイヤホン「AirPods」と比べると、こちらもすき焼きに入れる小分けにしたエノキダケのよう。

外見と使い方


パッケージはこのような感じで、簡便な袋入りです(表と裏)

ケーブルは、LightningからイヤホンとUSBに分かれています。

このように接続して使います。

評価


肝心の使い心地ですが、購入前の説明書きに書いてあるとおり
・イヤホンはボリューム調整や一時停止・スキップなどの操作はできません。音が聞こえるだけです。
・給電は500mAhに制限されるので、ポケモンGOなどの電力を必要とする重いアプリをやりながらだとなかなか回復してこないです。
・リスクとして今後のiOSアップデートで使えなくなる可能性があります。
というところです。

買う前に覚悟していたことではありますが、給電が高速充電の4分の1程度というのは、なかなか充電のパーセント表示が上がりません。
本当に充電できているのかな?と心配になる頃にようやく1%上がるという感じです。

そのため、入眠時に波の音などを聞いて寝たいし充電もしたいという場合にだけ使える感じです。
睡眠時の充電でしたら充分に時間がありますので、ゆっくりとしていても朝までには満タンになります。
その場合でも、ケーブルがとても短いので、枕元まで延長コードを引っ張らないといけません。

アナログのイヤホンが使いたい理由


私は寝るときに家の外で音がして目が覚めてしまうのが嫌なので入眠用の音楽や環境音を聞きます。
その時には寝ている間に取れたりしてもよい安価なアナログのイヤホンを使いたいです。
そのためだけにBluetoothのイヤホンは買いたくないですし充電もしたくないです。
既に持っているBluetoothヘッドセットは首の後ろにアームがくるタイプなので寝ながらは使えません。

iPhone 7 Plus 256GBモデルは10万円以上しましたが、これだけお金を払ってこんなに不便な思いをすることになるとは思いませんでした。結構悲しいです。

商品リンク


二股ケーブルは、まぁ、用途に合わせてご検討ください。
他にもあるようですがなかなか届かない業者もあるようなのでレビューを気をつけてチェックしてみてくださいね。
私が買った物よりも充電の性能が良い商品もあるのかもしれません。

【追記】Apple認定ケーブルを教えていただきました。こちらは高速に充電できそうな感じです。ただしお値段が高いです。
Belkin Lightning Audio + Charge Rockstar – Apple(日本)

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪