デスクワークでお尻は疲れ切っています!骨盤おしりリフレ家電でお尻天国に

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

デスクワークをしている皆さん!体重を受け止めてくれている自分の「お尻」を大切にしていますか?

マッサージ屋さんに行ってみて「お尻が凝ってますね」と言われたことがある方も多いのではないかと思います。
私も、自分では肩首が凝っていると思って行ったら、腰やお尻の方が凝っていると指摘されたこともあります。

人間の本来のお尻は、ぷりんぷりんで柔らかいものです。赤ちゃんのお尻を想像してみてください。
しかし、デスクワークで座り続けている人のお尻はカチコチに凝り固まってしまっています。

しかも、ここの部分を自分でほぐすのは難しいのです。
どうしても、他の人の体重で押してもらったりして、やっと凝りが解消していきます。

しかし、今ではお尻周りをご家庭でほぐせる家電が登場しています。
2015年秋に登場したパナソニック「骨盤おしりリフレ」(EW-NA75)です。

これは、本当に「お尻天国」な気分が味わえる優れものですよ。

箱はいかにも女性向きな雰囲気ですが男性でも使うことができます。
(ただし胴回り110cmまでです)

裏の説明書きでは、どの筋肉にはらたきかけるかの図示があります。
図によると、私は大臀筋(だいでんきん)と中臀筋(ちゅうでんきん)が凝っている感じでした。
12個のエアーバッグで、それぞれをしっかりしめつけたり、ほぐしてくれたりします。

箱の中のパーツはこんな感じで、接続に難しい箇所もなく簡単にセットアップできます。

使ってみて「神」だったのが、この「ほぐしパッド」です。

好きなところに差し込んで使い、まるで人のひじでグイグイ押してもらっているかのような気持ち良さを得ることができます。
これは、たまらん!

ソファで座りながら使っているところです。
後で気づきましたが、うつぶせ寝の状態で使った方がお尻が解放されるのでマッサージには効果的でした。

どのような仕組みでマッサージがされるかというと、まるで血圧測定器のように、エアーバッグがふくらんでいき、その圧力でギュウギュウ圧迫されていきます。

その圧迫が一気にシューっと空気が抜けて解放される時には、血液がドドドっと巡る感じになります。

たぶん普通の人の予想以上に圧力はパワフルで、最初はびっくりするかもしれませんが、やみつきになっていきます。

この圧迫と解放がテンポを変えて色々なバリエーションで行われるので、自分は寝ているだけで凝りがほぐれていったり、血流が良くなった感じがします。

マッサージのコースは4種類です。
・骨盤周りの「しめつけ」「もみほぐし」
・おしりの「ひきあげ」
・太ももの「もみほぐし」
強弱は「弱」「中」「強」の3段階に調節が可能です。

産後で骨盤まわりが気になる女性にも向いているようです。

あと、椅子に座るときにどうしても足を組んでしまう人や、立つときに真っ直ぐ立てずに足をクロスしてしまうような人は、腰や骨盤周りに負担が掛かっていますので、疲れを解消してみてください。

骨盤おしりリフレは、いかにも女性向けのパッケージになっていますが、デスクワーク疲れを感じている男性にこそオススメしたいです。

まだ自分にお年玉的なプレゼントを買っていなかった方は、今年お仕事を頑張れるように検討してみてはいかがでしょう。

なんで今まで無かったんだ!と言いたくなるような極楽家電です!

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪