Mac:写真のExif情報から位置情報を一括削除する方法

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

MacでExif情報から簡単にGPS情報を消す方法です。自宅バレ防止策に。

iPhoneなどで撮影した写真にはExif情報という撮影情報が含まれていますが、位置情報が含まれるので、自宅で撮影した場合などそのままブログにアップロードすると自宅の位置がバレバレになってしまいます。
普段ツイッターなどで写真をUPしてもサービス側でExif情報が勝手に削除されるので気にしていませんでしたが、ブログにjpgを直でアップロードするとExifがダダ漏れです。

GPS情報の確認の仕方


普通に写真をダブルクリックした時に開くプレビューで確認できます。
メニューの「ツール」→「インスペクタを表示」を選択するか、ショートカットキー command + i です。

preview1

出て来た画面には「GPS」タブがあるはずです。(位置情報が無い場合は表示されません)
GPSタブをクリックすると、地図上に赤い十字が表示されます。

preview

「場所を確認」ボタンを押すと、ブラウザにGoogleマップが表示されます。
ここに自宅が表示されると、冷や汗が出るものです。

「GPSPhotoLinker」で削除する


こちらからダウンロードできます。

本来はジオタグを付けるためのアプリですが、消すこともできます。

写真を右下の白い部分にドラッグ&ドロップします。複数ファイルOKです。
GPSPhotoLinker 0

ドラッグ&ドロップしたファイルをcommand + aで全選択します。
GPSPhotoLinker 1

メニューの「Photos」から「Remove GPS Tags…」を選択します。
GPSPhotoLinker 2

確認ダイアログにOKします。
GPSPhotoLinker 3

ファイルからGPSの情報だけ削除されました。
GPSPhotoLinker 4

ブログやWebにアップした写真のExifを簡単に確認する拡張


Safariから即座にExifを確認できるようにする拡張です。
こちらからダウンロードできます。

command + e でExif情報が表示されるようになります。

Exif情報にはマジで気をつけよう


私も、一度、自宅で撮った写真をそのままアップロードしていたことがありました。
念には念を入れて確認しておきましょう。

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪