マダム・タッソー東京で有名人フィギュアに触れてラブラブ写真を撮って楽しいお台場をと思ったら…【PR】

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

私たちはテレビや映画の向こうの有名人について、どれだけ知っているのでしょうか?実はカメラワークなどで映っていないところって多いんです!それが実感できる等身大フィギュアをお台場の「マダム・タッソー東京」で体験してきました。(この記事はマダム・タッソー東京からの依頼に基づくタイアップ記事ですが、私が体験して思ったり感じたことをありのままに書いています。)

前から他のブロガーさんのレポートで「実際行ってみたらすごかった」などと紹介されており気になっていたお台場のスポット「マダム・タッソー東京」ですが、今回取材してみませんか?というお声掛けがあり、是非に!と思って遊びに行ってきました。
パパラッチを目指すなら世界中のセレブが集まるお台場の「マダム・タッソー東京」で修行せよ(PR) : たのっちのぶろぐ
[N] 壇蜜やダルビッシュ有に触り放題「マダム・タッソー東京」著名人のフィギュアとコラボ写真が撮影できる夏休みにオススメの涼スポット!ロウの手形作りは子供の思い出に最適【PR】
インスタやFacebookやる人は「マダム・タッソー」で写真撮りまくると楽しいはず(PR) : Blog @narumi

マダム・タッソー東京は、等身大の有名人フィギュアとの写真撮影が抱きつくなど間近でもOKで、有名人と関連した体感ゲームも楽しめるアミューズメント施設です。

↑↑この字面で書いただけではなかなか魅力が伝わらない感じ…自分で書いていても違和感がすごいです。
というわけで、さっそく写真でご紹介しましょう。

マダム・タッソー東京は、ゆりかもめのお台場海浜公園駅から徒歩2分「デックス東京ビーチ」の3階にエントランスがあります。

入口でもフィギュアがチラ見せされていますが、会場の外側にいるレディ・ガガやマリリン・モンローは中にもいます。
(フィギュアの展示位置などは変わりますので2016年3月時点の内容です)

入口は3階に位置するのですが6階までエレベーターで上昇します。
この時に、エレベーターにもフィギュアが設置されていまして、ちょっとびっくりすると思います。

このエレベーターに爆弾が仕掛けられていたらどうしよう…

そして、エレベータが6階について扉が開いたら、いきなりフラッシュを焚かれてワーワー言っている報道陣に取り囲まれたような演出があり、セレブの世界に迷い込んでしまうのです。

6階の最初にあるのは、アイドルグループ「2PM」のニックン(期間限定)が、レッドカーペットにリムジンから降り立ったところです。

BGMには2PMの曲「マスカレード 〜masquerade〜」が流れています。ここからは五感をフルに使って楽しみましょう!

何というか、そのまま動き出してもおかしくないです。にじり寄っても大丈夫!

近寄ると、手の指などのディテールまで感じ取ることができます。まさに「生き写し」です。

ニックンは6月12日までの特別展示です。
(普段はタイのバンコクのマダム・タッソーにいて、子ども時代を過ごしたタイでファンに囲まれる毎日です。)

全ての展示は自由に撮影(肩を組むなどのお触りもOKです)できますが、入口のこの場所と内部のもう1箇所では会場スタッフによる有料撮影もあるので友達全員が入った写真が撮りたい方はお願いしてみましょう。ついでに手持ちのカメラやスマホを預けての撮影もしてもらえました。
(番号札を受け取り最後のお土産ブースにある窓口に行くと個別に買うかどうか決められるシステムです)

お土産にした赤い台紙の写真です。日付は「日-月-年」の表記ですね。

それにしても、等身大フィギュアというのは、「たたずまい」という言葉にはしにくいものを感覚で受け取ることができるものだなぁと思いました。

テレビや雑誌で知ったつもりになった有名人が、自分と比べて背が高いかどうかとか、普段はよく分かりません。
でも、長身でスリムなニックンと並んでツーショット写真を撮ってもらうと、ダイエットしなきゃ…と思いました。

次の部屋にある世界の要人が勢揃いのコーナーでは、安倍総理やオバマ米大統領たち世界のVIPをSPに邪魔されずに撮影できます。

世界の皆さんようこそ日本へ!

オバマ大統領より偉くなったように感じられそうな椅子も用意されているのです。

マダム・タッソー東京は撮影を楽しめるように、衣装などの動かせる小道具も用意されています。

たとえばイギリス王室のコーナーでは、王冠や衣装を着けてロイヤルな雰囲気のセットで記念撮影ができます。普段こういう椅子は座ったら博物館の人がすっ飛んできておこられる風のセットです。

王冠とショールの奥にある黄色い案内板は「ドレスアップして王室の一員に!」と誘っています。

展示室の境目では世界が切り替わります。ここからはスポーツ界ということが誰でも分かりますね。
最初に見えてきたのが、めちゃめちゃ細いあの方です。

フィギュアスケートの羽生結弦くんでした!

浅田真央ちゃんは回転しています。普段は目に止まらぬ速度ですが、ゆーっくり。

360度全部回りながら見せてくれるのと、このポーズでバランスを取って立っているのって、なかなか製作が大変そう。

野球のダルビッシュ有VS王貞治という、ここだからできる夢の組み合わせの場面もあります。

196cmあるというダルビッシュの背の高さに圧倒されました。
「背が高いんだろうなぁ」という想像が、実感として「デカっ!」となります。

ミュージシャンの部屋には、みんなが知っているポップスターやアイドルが目白押しです。

取材日はたまたまマイケル・ジャクソンが短期出張中でした。
銀座ソニービルの「オフ・ザ・ウォール」展への3月27日(日)までの展示期間に間に合わなかった方は、どうぞマダム・タッソー東京へ!

ここで興味深かったのが作成時期が異なる2体のマドンナです。
1984年時点のマドンナです。

目元のアップですが、瞳の色あいまで再現されています。
フィギュアのメイクは毎日メンテナンスで直されているそうです。

こちらが2008年時点のマドンナです。

1984年と2008年という四半世紀に近い長い間があいていますが、年齢を重ねた方のマドンナも美しいのです。直に比較できて素晴らしい…。

というか、等身大フィギュアは全体的に若い有名人よりもある程度歳をとっている有名人のほうに不思議な魅力を感じました。シワや白髪の生え具合に萌えるという、よくわからない感情が芽生えてきます。

ブロガー的には、iPhoneを世に送り出してくれたスティーブ・ジョブズにも興奮しました。

2006年のポートレートを元に作成とあり、iPhone発表の少し前の頃の姿が元になっているようです。

「本日、アップルが電話を再発明します」

タッチパネル式のクイズゲームも用意されており、私は5問中4問正解でした。Appleファンの方は挑戦してみてね。

さて、たいていの人はペース配分が狂うと思いますが、後半も怒濤です。
60体以上が約480坪もある広々空間に点在しているのです。

映画のところではハリウッド映画を中心に、映画のシーンが再現されています。

是非一緒に朝食をとりたいオードリー・ヘップバーン。

シュワちゃん、アーノルド・シュワルツェネッガーはホントに下からしか撮れない大男だし。

映画セットにおさまりきらないムービースターたちもたくさん登場します。

ジョージ・クルーニーの卑怯すぎるソファとかこのポーズ!

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット夫妻。セレブのオーラがフィギュアからも伝わって来る感じがして本人に直接会ったら卒倒しそうです。

最後の方の幾つかの部屋に日本人が最もテレビで見ているであろう芸能人が集結しています。

ベッキーもいましたよ。色々と大変になる前の笑顔…

シルエットだけで見ると、フィギュアと来場客の区別が付かないのですが、左端に映っている人は…

そう、マツコ・デラックス!

さて、これだけ精巧なフィギュアを現在どうやって作っているのかも、もちろん解説されています。計測した有名人のデータは非公開。造形にかかる時間や手間はものすごいです。(計測はなしでポートレートから造形されたフィギュアもあり各説明に書かれています)

また、そもそもマダム・タッソーの始まりはというと、予想以上に歴史をさかのぼることになります。
マダム・タッソー(マリー・タッソー,1761-1850)は、実在の人物でフランス革命の時代を生き抜きました。

ワックスフィギュア製作の技法を学び、美術の家庭教師としてフランス王室に招かれ、ルイ16世とマリー・アントワネットのフィギュアを作成したとか、フランス革命勃発後には両名のデスマスクを作ったとか、投獄されたけどロベスピエールのデスマスクを作るために釈放されたとか、世界史好きにはワクワクするストーリーも解説があります。

他の人に頼めないスキルがあったのでフランス革命後の新体制側でも生き延びて、中年以降に新たなビジネス展開で成功という、マダム・タッソーを始めたマリーさんはすごいのです。

30代以降の方は以前に東京タワーに入っていた蝋人形館を覚えていると思いますが、それとマダム・タッソー東京は全く別のものです。マダム・タッソーはロンドンに1835年にオープンしてから観光名所となり、現在では東京は14番目というワールドワイドに展開しているエンターテインメント施設です。

会場内にはワックスハンドというロウで手の形をかたどった記念品が作れるコーナーもあります。
手を冷やした後にピースサインなどの指先のポーズを自由に決めて、溶けたロウに手をつけたり上げて固めたりを繰り返します。最後はスタッフが仕上げてくれます。

私が見ている前ではカップルが作っていましたが、お子さんの成長過程を残すために作るのも良いと思います。デジタルコピーとは違うアナログな複製を体験することは、時代とともに徐々に貴重な機会になっているのではないでしょうか。

感想


それにしても、盛りだくさんでした。
今回は、ちょっとミーハーな気持ちで出かけてみたのですが、圧倒的なクオリティと量の展示で、とても楽しかったです。

「そこに有名人と寸分たがわぬ実像がある」というのが、ものすごい体験なんですよね。
いまヘッドマウントディスプレイをかぶって仮想空間を体験できるVR(バーチャルリアリティ)が話題ですが、等身大フィギュアはそこにいない人に会えるという観点でVRのご先祖様というか、逆に生で空間を楽しむことの楽しさがあると思います。

繊細なアート作品の面を持ちつつも、触れたり抱きついたりネタ写真を撮って遊べたり。
前衛アートの女王、草間彌生さんも喜んでいるはず。(お揃いの服と赤いカツラで水玉空間で撮影できます!)

インスタグラムを見ると、親密そうに肩を寄せるのは普通で、チュー直前に見える写真を撮ったりとか、わざと白黒で荒い画面に加工して本当の本人と会っているようにしてみたりとか、遊び方もアイデア次第でたくさん考えられます。
#マダムタッソー • Instagram写真と動画

ネタ写真を撮るのが上手くなって周りの人を笑わせちゃおう!という気分になりますね。

あらゆるカメラで楽しめるので、3D撮影ができるシータなどをお持ちの方も是非使ってみてください。

施設情報


住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール3F
デックス東京ビーチの「アイランドモール」側にあります。東京ジョイポリスがある「シーサイドモール」側とは反対の棟です。

交通アクセス:
•ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分
•りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩5分
•首都高速11号台場線「台場ランプ」から約3分
•首都高速湾岸線「有明/臨海副都心」から約4分
•水上バス船の科学館ライン「お台場海浜公園駅」下船 徒歩3分
•都バス、お台場レインボーバス、Kmフラワーバス「台場二丁目」停留所下車すぐ
アクセス – マダム・タッソー東京

営業時間:午前10時から午後8時まで(最終入場は午後7時)

▼最新の営業時間とカレンダーはこちらでご確認ください
営業時間 – マダム・タッソー東京

チケットはお得なオンラインチケットがおすすめです。
当日券が大人2,200円のところ、日付指定チケットは1,700円、17時以降入場のアフター5は1,400円です。(その他レゴランドとセットなどの券種あり。こども料金あり。)
※4月1日より料金改定されました

▼事前購入でお得に!
チケット購入 – マダム・タッソー東京

時々お得な情報もある公式アカウントもフォローしてね

インスタグラム:https://www.instagram.com/madametussaudstokyo/
ツイッター:https://twitter.com/TussaudsTokyo
フェースブック:https://www.facebook.com/MadameTussaudsTokyo
LINE@: LINEアプリからID検索で「@rxm1908x」を登録

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪