私がソフトバンクから格安SIMに移行した時の手順

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いまIIJmioのみおふぉんでSIMフリーiPhone 6 Plusを使っている私がソフトバンクからの移行の時にやったことを振り返ってみます。事前準備が結構多いのです。

約1年前の話なのですが格安SIMに移行した時のことを手順としてまとめてみました。
けっこう面倒くさいのですが、節約できる金額は年で万円単位になる場合が多いと思います。
これを読んでイメージトレーニングをして、じっくり検討してみてください。

事前準備
1) とにかく今の通信量を把握する!家族全員分を!
格安SIMは通信量で料金プランが変わりますので、現状どれくらい使っているかを把握します。
ソフトバンクならMySoftbankにログインすると確認できます。

また、自分だけでなく家族全員分を確認してみましょう。
奥さんが実は毎日1MBくらいしか使っていないという場合もあります。(格安SIMの最低プランで良くなる)
電話料金だけで把握していると通信で使った容量が分かりません。
なお私は家族全員分を把握しませんでしたので自分だけ得して旦那が浪費していたことに最近気づきました(反省)

2) スマホ本体代を計算する
私はiPhone 6 Plusを買うことに決めていましたので、ソフトバンクでそのまま買って割賦にした場合の支払い(月月割込みで)とSIMフリーで買った金額をエクセルに入力しました。
なお、ドコモのスマホはドコモ回線の格安SIMで使えるので本体を買い換える必要はないはず(要確認)です。

3) 格安SIMのプランを検討する
色々な会社がありますので、1)で把握した通信量に照らし合わせてプランを選択して計算してみます。
1年前は今ほどは選択肢が無かったので、すぐにみおふぉんに決まりました。
更にみおふぉんについて調べて、ビックカメラのビックSIMにするとWi2のWiFiアクセスポイントがおまけにつくので、こちらを選択しました。

4) キャリアメールやIDで登録しているサービスを確認する
私の場合、ソフトバンクIDで購読していた星占いのサイトが見られなくなりました。
キャリア課金しているコンテンツが無いか、やめてもいいか確認しておきます。
それと、スーパーのクーポン券を送ってくるのがキャリアメールだけなので受信できなくなりました。

あと、LINEの年齢認証をしていない人はキャリアにいるうちにしておかないと現状ではMVNO回線からでは年齢認証ができません。LINE@を使いたい場合など要注意です。

キャリアメールしか教えていない友達とのやりとりは、Gmailなどに移行することを告げましょう。
相手が携帯メールしか受信しない設定にしている場合などやっかいな場合があります。

実際の移行手順
5) MNP予約番号の発行をする
これは出る方のキャリアに申し込みます。私はソフトバンクショップに行きました。iPhone本体の割賦が終わっていること等解約に関する制約を確実に確認するためです。予約番号取得自体は電話でもできます。
MNP転出の手数料として3000円くらいが後日引き落としされます。
MNP予約番号は有効期限がありますので、確実に移行できる日程で申し込みます。

6) 移行先のSIMにMNPします
SIMを買うときにはサイズ確認が大事です。iPhoneはナノSIMですがAndroidはマイクロSIMが多いです。
私はビックカメラの店頭で購入してカウンターで挿してもらいました。MNP手続きに30分ほど待たされました。

スマホのSIMカードはものすごく小さいし向きもあるので、慣れている店員さんがいるショップでやってもらうのが一番安心できます。

SIMを通販で買った場合は、申し込んであるタイミングでいきなり古い方のSIMが圏外になり新しい方が使えるようになると思います。タイミングが読めないのが難点ですので、ショップが遠い人だけが利用した方が良いと思います。

7) 格安SIMで通信できるように設定します
APN設定をしないとSIMカードを挿しただけでは使えない場合がほとんどだと思います。
スマホのOSでモバイルネットワークの設定をします。
やり方は格安SIMの会社が指定しているはずです。店頭のカウンターで教えてくれる場合もあります。

8) 格安SIMのアプリをインストールします
通信量を見たり低速・高速モードの切り替えをするアプリが提供されている場合が多いと思います。
便利なのでインストールしておきます。

9) 格安SIM会社から請求される料金を確認する
想定通りのプランに収まり出費が抑えられていることを確認しましょう。

結果と現状


私は以上のようにソフトバンクを転出してIIJmioのみおふぉんに移りました。
ただ、1年が経過するうちに、都心に出かけた場合に昼休み時間帯など通信が集中する時間帯のスローダウンが目立つようになりました。
最初は良くても人気が出てくると回線があっぷあっぷしてきますので、私は乗り換えを検討中です。

格安SIMの回線はキャリア回線よりは色々制約があるので、スローダウンは我慢しなくてはなりません。
そのため、毎日決まった時刻に通勤して昼休み時間も決められているお勤めの方は、格安SIMをおすすめできない場合もあります。
通勤電車の中でも遅くてオフィス街での昼休みでも遅くて、というのでは我慢ならないと思います。
ビジネスで向かう先の地図が開けない!という状況も起こりうると思いますので、慎重にご検討ください。

一方、ほとんど自宅周辺におり、都心に出かける時間も昼休みではない場合が多いという方には格安SIMは最適と思います。

また、私のように外からブログをスマホで更新するという人は写真の転送で容量がけっこうかかるのですが、格安SIMでは3日間でいくらの帯域制限が起きないプランもあり、キャリア制限よりゆるいので助かっています。
私は旅先で写真たっぷりのブログ記事を更新して2日で1GB以上使ってしまってもペナルティが無く済んだことがあります。

格安SIMにするメリットデメリットはそれぞれありますので、使用スタイルにあわせて考えてみてください。
まぁ、最悪は違約金(通話SIMには制約がもうけられている場合がほとんど)を払えばすぐに元に戻せますから、命までは取られませんよ。

格安SIMにするのが初めての方は、店頭で手続きができるものを選ぶのがおすすめです。
私はSIMカードの挿し方も知りませんでしたから…。

お世話になったのでIIJmioの広告を載せておきます
(おすすめはビックカメラ店頭での手続き)

モニター提供していただきサブ機で使用している楽天モバイルです。楽天スーパーポイントが貯まります。


この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪