「paymo(ペイモ)」がスマホでワリカンを手軽にお得に!まずは1,500円分Pゲット

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「フィンテック」の中でも個人の生活面にとても密着していてこれから伸びそうなジャンルが個人間でのお金のやり取りです。スマホアプリ「paymo(ペイモ)」のブロガーイベントに参加して魅力や今後の展開について伺ってきました。

6月22日にpaymoの説明&体験会(主催・運営:AnyPay株式会社)が行われましたので、実際にグループを代表してお弁当を立て替えで買って代金をメンバー1人ずつから徴収するというシーンを体験しました!

paymoはどんなサービス?


その前に、こちらのYouTube動画はご覧になりましたか?

驚くような長回し(実際は2カット)で撮られており、主役の女の子が次々とリアルタイムに変身しながら色々な飲み会やパーティーに参加します。

緊張しそうなテーブルクロス引きも成功!

「東京タラレバ娘」的な展開も盛り込みつつ、アレコレ忙しい女子は小銭を数えてるヒマなんて無いのよ!という感じのスピーディーな展開です。

というわけで、paymoはスマホ世代のワリカンに特化した送金アプリです。
請求・支払いだけではなく、お金のやり取りを起点にしたSNSっぽい側面も持ちます。

実際に使ってみました


私が4人のグループを代表してpaymoでお弁当代を支払いました。
500円×3名分で1,500円です。(グループ代表の分は無料)

支払いの時に普通のお弁当屋さんだと現金を払うと思うのですが、ここは最初からpaymoで支払わせていただけました。(こういうお店が増えるという前提での「デモ」ですので現状とは異なります)

支払時は相手がQRコードを提示した場合は、読み取るだけです。
(それとは別に相手が個人を指定してメッセージで請求を送ってくる方法もあります)

「請求を受け取りますか?」の「はい」を選んで、支払額を確認します。

最初は残高から支払いになっているので、せっかく貯まったポイントを使用して、お弁当代を払いました。
(イベント参加者に1人あたり500円分のポイントが配布されましたが、私は既に持ってた分で立て替え分全てを払ったのでクレジットカードから追加では支払っていません)

私の手元にはお弁当と領収書が。

これをテーブルの皆さんに分けたら、私から各メンバーへの請求を行いました。
請求にはレシートが必要です。

カメラで日時・お店の名前・合計金額を明瞭に撮影します。
これが無いと、その請求は無効になってしまいます。使えるのは利用規約で定められている適格飲食店です。(今回は運営側イベントのため例外)

間違えて「飲み会の記念写真」を送ってくる人もいるそうですが、レシートではない画像はAIで機械的に却下されしまうし、レシートも人力で見ておかしいものは弾いているので、不正はできないようになっているそうです。ズルしてレシートの合計金額以上の請求をしたらすぐに分かってしまいます。

コメント欄は最初は真面目に使っていても、いつものメンバーとは次第に大喜利の場になっていくこともあるそうです。

情報を入力したら請求ですが、私は最初の頃にしかよく触ってなくて、ID検索かFacebook連携しかできないと思っていたので、初対面のブロガーさんにどうするんだろう?と思っていたら前述のとおりQRコードでの請求ができるようになっていました。

これにより、相手のLINEもFacebookもメールアドレスも何も知らなくても、その場にいる限り請求ができます。

かざして、読み取って送ってもらうのを待ちます。
読み取られた時点では「請求」が行っただけで、相手側で「支払い」をしてもらって完了します。

ちゃんと残高に反映されたら送金完了です。お弁当をいただきます。

※現在はありませんが、請求したのに未支払いな分を教えてくれるリマインダー機能も追加予定だそうです。取りっぱぐれ無しに!

通知欄はこのように、請求=「お支払いのご依頼」、支払い=「お支払いがありました」、初回=「○○さんと友だちになりました」というお知らせが来ます。

木村新司さんはAnyPayの代表取締役です(お弁当を売ったという設定)

paymoのお得なところ


最初の登録時に1,000円分のポイントを即座にもらえます。
これは、すぐに使えるので、飲み会やランチで友達に支払うこともできます。
友達の招待コードを入れた場合は500円分のポイントを後日もらえます。

つまり、招待コードがあれば計1,500円分のポイントがもらえます。
よかったら私のコードを使ってください →【 PZHELZP 】
最初の登録時のワンチャンスしかありませんので忘れずに入力してくださいね。

わりかんアプリ ペイモ(paymo)クレカとレシートでかんたん割り勘

わりかんアプリ ペイモ(paymo)クレカとレシートでかんたん割り勘
開発元:AnyPay, Inc.
無料
posted with アプリーチ

※キャンペーンは変更になることがあります

この最初にちょっと使えるポイントをもらえるので、一緒にランチした友達にも勧めやすいかなと思います。

ポイントはもらってから半年が有効期限なので、貯めるだけではなく使いに行かないといけません。
この経済促進感がなかなかの設計です。

初期ユーザーは、そろそろ使いきらないと期限が来てしまいます。
たぶん失効してしまう人も相当数いるので、ポイントの大盤振る舞いができてしまうのですね。

また、paymoを請求ではなく支払い側で使用した場合は、5%のポイント還元があります。
クレジットカードから残高に入れた場合はクレカのポイントも付くので両方とももらえてお得です。(当然ですが「ポイント」からの支払いには還元はありません)

ポイント・残高には期限がある


ただし、先ほど書いたとおり、ポイントはもらってから半年で使う必要があります。
paymoを「使い続ける」ユーザーはずっと得をするということです。

これにはワリカンをするお相手が必要なので、動画のようなリア充向けで、ぼっちにはあまり向かないサービスです。
私も使い切れなさそうでドキドキします。

といっても、お勤めの方はオフィスでランチに行く時に同僚が使っていれば良いのです。
paymo内部では、ジャンケンをして負けた人だけ財布を持っていきランチ代を立て替えて支払うのだそうです。精算はアプリで済みます。

ポイントではなく「残高」は、他の人に請求して自分に支払われた場合にここに入ります。

銀行口座への出金(手数料200円)は残高からしかできません。ポイントの出金はできないところに注意してください。貯めても使わないといけない仕組みです。

山ほど招待してポイントを貯めても、使う相手がいないと失効しますし、自分で複数アカウント取得して往復ピンポン送金しても不正で弾かれますので出金はできません。

アカウント停止された人は不正をしている可能性が高いのですが、勝手に残高没収されたかのような風評被害が出ているそうです。本当にちゃんと使っているのだったら、レシートもワリカンした相手の証言もあるはずなので、調べてもらえばいいと思います。

不正をしたら不正のパターンのデータがpaymoに蓄えられるだけです。
無料で商売のネタを提供してあげているのでご苦労様なことです。

それから、残高にも1年間の期限がありますが、これはメルカリの売上と同様に、法律での制限があるためです。
(前払式支払い手段ではなく収納代行なので)

よく使う人には特に問題ないのは楽天の期間限定ポイント等と一緒です。
使う相手がいない人は…見つけましょう。

これから使い道が増えそう!


これは一部はその場にいた人にのみシェアされたのですが、使えるところがパワーアップ予定とのことです。
今後の公式発表を楽しみに待ちたいところです。
せっかく残高を貯めたのに誰かの支払いに使うか銀行出金しか使い道が無い…という不満に答えてくれそうです。

なお、現在はAnyPayの支払いに使えます。
AnyPay | AnyPay(エニーペイ)

AnyPayは簡単な集金・販売サービスで、例えば子ども向け習い事の月謝の集金や100人規模の同窓会の集金などに使われているようです。
今はクレジットカードから払う人が多いと思いますが、paymoで集めたお金もこちらの支払いに使えます。

AnyPayは、コンテンツダウンロードにも対応しているので有料ファイル販売なども手軽にできます。
画面をちょっと見させていただいたのですが、アカウントが登録済みであれば、ものの1分で販売用の新しいURLが発行できてしまいました。
決済手数料も現在は0%ということで、個人が使いやすそうです。

そして、paymoとAnyPayでお金がグルグル回ると、パーソナル寄りのお金のやり取りがクレジットカードの高い手数料での都度の目減り(最初にクレカから入れるときはかかるが)はせずに済むというわけです。
時間経過による失効分(ロイヤリティが低いユーザーの分)が運営に返ってくるので、あまり手数料取らなくてもいいのかなと思いました。

お支払いでつながるタイムライン


paymoはレシートの撮影の手間はありますが、確実に人と人が会ってお金のやり取りをしたことになります。

最近実装されたタイムラインの機能では、Facebookの友達が誰とお会計をしたのかが分かります。
(金額など細かい内容は分かりません。また公開範囲の設定で公開しないこともできますのでご安心を。)

これにより、友達がよく飲んでそうな人が分かったり、仲良しそうなことが分かったりします。
人の生活がちょっと見えて面白いです。
いちいちSNSにキラキラ写真を公開しない地味な普段の帰りの一杯なのかなとか。

この「今までには無かった感」が、とても好きなポイントです。

ファーストインプレッションでは不便に感じた複数名への一括請求も5名までの宛先の検索から相手に見せるだけのQRコードになったことで、使いやすくアップデートされ進化していることも分かりましたので、私もpaymoでワリカンしてくれる人を募集しなくてはなりません。
誰か〜(勤め先が無いため割とぼっち)

計1,500円分のポイントをもらおう


よかったら私のコードを使ってください →【 PZHELZP 】
最初の登録時のワンチャンスしかありませんので忘れずに入力してくださいね。
その場では1,000円分、500円分は後日追加です。(キャンペーンは変更になることがあります)

わりかんアプリ ペイモ(paymo)クレカとレシートでかんたん割り勘

わりかんアプリ ペイモ(paymo)クレカとレシートでかんたん割り勘
開発元:AnyPay, Inc.
無料
posted with アプリーチ

関連記事


個人間送金アプリ「Kyash」が広げるキャッシュレス社会
PayPalの秘密が分かったユーザーミーティングに参加 #ペイパルライフ

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪