60分の運動で434Kcalも消費!「タイカンズ」のコアビティを体験してきたよ【PR】

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

体の体幹を集中的に鍛えるプログラムが特徴的なスポーツジムを体験してきました!器具を使った独自の運動と自分の心拍数がモニターで見られるハイテクぶりが楽しかったです。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

以前通っていたスポーツクラブをやめて1年、運動不足が気になるしゅうまいです。
体重も増えていってしまい、どうしようという感じ。
暴飲暴食とかしていないのに、空気を吸っているだけでも太るお年頃になってしまいました。

そんな時に、体幹を鍛える専門のスポーツジムを体験してみませんか?というお話があったので、是非に!ということで「TAIKANZ(タイカンズ)」の体験に行くことになりました。
体幹トレーニングフィールドTAIKANZ-タイカンズ-

TAIKANZ(タイカンズ)とは


タイカンズは体本来の能力を目覚めさせる体幹エクササイズを行っているスポーツジムです。
体幹は体の中心部分のことで、重要な筋肉組織があります。
体幹=コアを鍛える独自の運動を「コアビティ」と呼んでいます。

いざ体験!その準備は?


新宿御苑前駅からすぐのところにあるタイカンズにやってきました。
今年の5月にオープンしたばかりのピカピカで清潔感あふれるスポーツジムです。

DSC06681

私は以前にスポーツジムで使っていた速乾性のTシャツとパンツにタオル地のヘアバンドをしていきました。
ホームページにはキャミブラとショートパンツでおへそを見せた女性が載っていますが、そんなおしゃれすぎる格好はしなくても大丈夫です。
シューズとタオル(大・小)は無料レンタルがありますので、荷物が少なくなるのがありがたいところです。

タイカンズではこちらのポラールという心拍計で自分の心拍数がモニターで見られるます。

バンドを肌に直接あてみぞおちのところに一周させて、機器をTシャツの下に装着して使います。
これがとても良かったので(下の方の感想参照)最新のスポーツジムはすごいなと思いました。

コアビティの全体の流れはこうなっています。
運動の説明の「プレゼンテーション」から始まり、体を慣らしてからエクササイズの動作を予習して、最後はサーキット(30秒動作して20秒休み次の動作をする)になります。

まずは体を慣らす動きから


ウォーミングアップはお腹の筋肉を使うような動きを中心に行いました。
トレーナーの先生はきれいに膝や腰が床から浮いていますが…

私(手前)はへっぴり腰で膝が床につきそうです。

次は片手で自分の胴体を支えて保持するポーズです。お腹の横の部分に効いてくる感じです。
私は全然まっすぐになれていませんが。

それから、仰向けになり腰を浮かせて保持するポーズです。これも腹筋を使いまくりな感触でした。
そのまま片足を上げて横に下ろすと、別の筋肉を使っているのが分かりました。

次は、仰向けで上げた左足を右手で右足を左手でタッチする腹筋直撃な動きです。
上半身を持ち上げる時に腹筋をギュッと使わないとうまく体が上がりません。

次はしゃがんだ状態で手を前について、そこから立ち上がるスクワット的な動作です。

片足を後ろに引っかけるようにして体は前を向く「ねじり」の運動です。
これは気持ち良く筋肉が伸びていくのを感じました。普段はこんなところ伸ばさないという箇所です。

次はヨガの三角のポーズに近い(膝は曲げますが)片手を上に上げて体を倒す運動です。
これも脇が伸びて気持ち良いです。

それから、横たわって半身をひねるポーズです。
腰から脇にかけて筋肉が伸びるのが感じられる気持ちの良い姿勢です。

ここまで来ると、あまり汗をかかない私でも発汗してきました。
でも、心拍数はそれほど上がっていません。無理のないギリギリの範囲くらいの運動量です。

道具を使ったエクササイズ


次は天井から下がっている「TRX」という吊り輪を使ったエクササイズです。
まずは横に弓なりになって自分の体重を支える運動です。姿勢はトレーナーが直してくれます。

次に「VIPR(ヴァイパー)」という棒状の器具を使いました。
これは色別に重さが違いますが私は一番軽い4kgのものを選びました。
これを持ったまま体をひねって棒を回転させます。重さがあるのでしっかり筋肉を使います。

この時点での私の心拍数は「140」でした。

次に「TRX」で、両手を前にして自分の体重を引き寄せるポーズです。
トレーナーの先生は背筋もピンと真っ直ぐできれいな姿勢です。

私は腕の力が無くて、体が持ち上がりません…

その次のポーズは手を逆手にしてアームカールになるような形に持ちます。
この手の持ち方だけで使う筋肉が全然変わるのが感じられました。

ピンとしたまま腕だけ動かすのはちょっと大変です。

次は手を上から持ち腕を横に、大胸筋を使う運動です。
胸の横のあたりの筋肉って普段全然使いませんからね。ここは次の日に軽い筋肉痛になりました。

次は「VIPR」に持ち替えて、足を出すのと同時に振り上げる運動です。
そこそこ重さがありますので、しっかり足を踏み込んだ勢いで持ち上げないと上がりません。
上半身も下半身も一度に使う感じの全身運動です。

エクササイズ前半の終わりはウォーミングアップでもやった、器具を使わずに仰向けで伸ばした足と反対の手を触れさせる腹筋運動です。
自分の腹筋がギュッ!ギュッ!っと収縮するのが分かります。働いてるなぁ…。

エクササイズ後半では、TRXで自分の体を支えながら真っ直ぐの手を横に持ってくる運動です。
負荷は自分の足の位置で調節できます。

これは、両手がプルプルなってTRXのロープも揺れるので自分が揺れているのがバレバレです。
他の人もプルプルしてたから気にしないっと。

次にVIPRに持ち替えて、ショベリングというシャベルで土を掘って投げ上げるような動作です。
これも結構力が要ります。

やりながら「雪国の除雪って体力必要なんだなぁ」とか考えていました。

ここで心拍数は「157」でした。良いペースだと思います。

次にクライミングという、腕立て伏せの状態で足を前後に交代する運動です。
まるで垂直の壁をぐいぐい登っているかのようです。
これが全部の中で地味に一番きつい運動のように感じました。
トレーナーの先生は軽々と足を動かしていましたが、私はえっちらおっちらです。

サーキット


サーキットは30秒間運動して20秒間休むのを繰り返す運動です。
今までに練習した動きを30秒単位で集中して行います。

インターバルがあるので、口から心臓が飛び出るほどの強度ではありませんが、徐々に疲労物質が溜まるのが分かる感じです。体温の上昇を感じました。

サーキットは次の動作、次の動作という感じでテンポ良く進んでいくので、全身の筋肉を満遍なく使います。
徐々に心拍数も上昇していきました。

そして仕上げは先ほど地味に一番きついと思ったクライミングでした。
最後なので頑張ろうと思い一生懸命やったら一気に心臓がバクバク言い始めました。
心拍数は「178」と180近くまで上がりました。耳の中がドクドクしているのが分かります。

ついに、サーキットが終わると、ものすごい達成感があります!
やったぞ、やりきったぞ!という感じです。
みんなで笑顔でハイタッチしました。

その後はクールダウンの柔軟体操があり、レッスンは終了です。

いやー、よく頑張ったなぁ、私。
こんな急にいきなり運動して体がびっくりしなかったかしら?

なお、算出された消費カロリーは434Kcalでした。
以前通っていたスポーツジムのエアロビクス2回分より多いとは、すごいです。

タイカンズ体験の感想


しばらくぶりに運動するので、ついていけなかったらどうしようと思っていましたが、杞憂でした。
それぞれは、やっている時はきついなぁと思うものもありましたが、無事に最後までついていけました。

普段運動していない私でも平気だったので、頑張れば大丈夫です。
最後には大きな達成感の喜びが待っていますよ。

そして、家に帰った後も体がポッポッと内側から燃えているような状態は寝るまで半日続きました。
普段は悪い血行が良くなっているのだなと自分でも分かりました。
私に足りなかったのは燃焼だったのです!

その後、一晩寝て次の日に、おそれていた筋肉痛はあまりきませんでした。
ガッツリ筋肉を痛めつけたはずなのですが、膝が笑って階段が下りられないなんてこともなく、幾つかの部分に軽い筋肉痛があるのみでした。
私にとっては最適な運動強度だったのだと思います。

良かったところ


タイカンズでのエクササイズ中は、運動をする前に、この運動はどこの筋肉を使うのでこういう効果があるというのを説明してくれるのがとても良かったです。

例えば、背筋は普段生活しているとあまり鍛えられないので自然と猫背に内向きになってしまうので、背筋もつけましょう、という具合です。
やっぱり動機が明確な方が頑張れるというものです。

それから、心拍数のモニターがハイテクで良かったです。
終わってみて他の人との比較も見られるのですが、私は結構頑張ったほうでした。
(名前は表示されず自分が覚えた機器の番号で表示されるので安心)

全体のグラフも表示されて、最初は低く、最後は高くという理想的なグラフになっていました。

運動中にサボっちゃうと自分でも分かるという、モチベーションをキープする良い仕組みだと思います。
運動には最適な心拍数の目安があるので、運動しながらモニターをチラ見すれば自分の心拍数を把握しながら運動できます。

運動を続けるには


トレーナーの説明では、運動を続けるとまず1ヶ月くらいで神経系が発達するそうです。普段あまり使っていない筋肉は神経があまり発達していません。
ここを続けてトレーニングすることで脳から指令が伝わり筋肉がちゃんと使われていき、次の段階で筋肉が発達するそうです。
つまり、継続がとても大事!

しかし、運動を自宅でDVD見ながらでとかは絶対に挫折するのが目に見えています。
ビリー隊長に最後までついていけた人はどれくらいいるのでしょうか?
やはりジムのスタジオに入ってトレーナーと頑張るのが一番だと思います。

タイカンズではエクササイズの他に栄養指導も月謝に含まれていますので(別料金のところが多い)食生活も改善したい方に最適と思います。

今なら無料レッスンが3回まで受けられるキャンペーン中です。
普通は体験って1回だと思うのですが3回までというのに自信のほどがうかがえます。

最初は動作を覚えるだけでいっぱいなのが、3回もやれば覚えてスムーズに効果的に運動できそうですよね。
その上で自分にあっていれるかどうか判断すれば良いのです。

(スタッフの皆さん)

食欲の秋に負けずに運動したい痩せたい体力付けたいという方は、体験レッスンを申し込んでみてはいかがでしょうか。
場所は丸ノ内線の新宿御苑駅近くです。新宿近辺の方はご注目を。

心拍数や自分が燃やしたカロリーが分かるのは、本当にとてもやる気が出ます。
是非体験してみてくださいね。

▼無料体験レッスンを申し込む
体幹トレーニングフィールドTAIKANZ-タイカンズ-

※この記事はタイカンズとのタイアップ(記事広告)ですが、私が体験したり感じたことをそのまま正直に自由にお伝えしていますので、スポーツジム検討中の方の参考になれば幸いです。写真撮影は普段はNGですが特別にスタッフが撮影しています。

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪