冷え性の私が大満足「履く毛布」な究極の防寒ソックスの威力がすごい

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本当は「着る毛布」を買った自慢をするはずでしたが、ついでに買った靴下がヤバかったので先に紹介しちゃいます。

【追記】2016年冬シーズンよりこちらの靴下の方が温かいためおすすめしております。感触の好みなどでお選びください。
「超あったか裏ボアルームソックス」が1,080円でスリッパ要らずの最強の防寒靴下に
【追記おわり】

=======
少なくとも小学生の頃から極度の冷え性に悩まされてきたしゅうまいです。
冬場は寝る直前にお風呂に入らないと布団に入ってもつま先が冷たくて寝られないという状況でした。
少しでもつま先を温めようとして、自分のひざの裏にはさんだりする経験、冷え性の方なら分かりますよね!

そんな私が「究極の防寒ソックスicon」というネーミングにひかれて買った靴下があります。
※最初の購入は2014年。リンク先は2016-17年版。今年も買い足しました。

「究極ってからには、この私を満足させるだけの機能があるのよねっ?!」という高飛車な気分で購入しましたが、「正直、すまんかった…」と謝りたくなるだけの実力がありました。

一見、ふつうの靴下ですが…
究極の防寒ソックス

かなり肉厚な感じですよ。
究極の防寒ソックス

しかも、裏を返すと温かそうな毛足の長い起毛。
究極の防寒ソックス

中は全部ふわふわのもこもこです!これは期待できそう。
究極の防寒ソックス

で、はいてみた感想ですが、これはめちゃくちゃ温かいです。
スリッパ無しでフローリングの床の上に立ってもあまり床の冷たさを感じないくらいです。
「履く毛布」のキャッチコピーはだてじゃないです。

当然、夜寝るときにも履いてみましたが、布団の中でポカポカしすぎて、若干発汗してくるくらいでした。
最終的には暑くなって布団の中で靴下は脱いじゃいました。
冷え性の私にはありえない状況です。
まだ厳冬期ではないですから(10月25日現在)オーバースペックのようでした。

ただし、この靴下は外に履いていけるものではなく、室内専用になると思います。
というのも、靴下としては非常に厚手のため、比較するとこんなに足が大きくなってしまいます。

究極の防寒ソックス

つっかけサンダル以外の靴は履けないと思っていてよさそうです。

また、丈がふくらはぎの太いところまでしかなくて、膝下まであるハイソックスだったら完璧なのになぁと思います。

それから、これでつま先の冷えが解消してしまうと、次はひざの冷えが目立ってくるという副作用があります。
冷え性に終わりはないのです。

それにしても、1足1,000円くらいする防寒ソックスはこれまでにも何枚も買って来ていますが、この「究極の防寒ソックスicon」は今までのものとは格が違いました。普通の靴が履けないという制約事項はこの際どうでもいいです。湯上がりから寝るまでにつま先が冷えなければ。

実は過去にうっかり4枚重ね履きの「冷え取り靴下」を検討したこともありますが、洗濯や着脱の手間だけかかって大して温かくならず本当に馬鹿馬鹿しかったです。
1枚で温かいのが正義!

この靴下は洗い替えを含めて2足以上揃えるのがおすすめです。汗をかきます。
カラーは5色(8色に増えてる!)あります。靴下の迷子が嫌いなので私は全部同じ色で揃えます。
サイズは22〜24cmの1サイズしか無いのですが、けっこうゆるゆるなのであと2,3cmくらい足が大きくても履けるのではないかと思います。(保証はできませんが…)

【追記】その後洗濯を何度かしましたが、温かさは特に変わらないかなと思います。洗って乾かすと元のふわふわの裏地になります。
長時間連続装用していると汗でふわふわが少しペタンコになる感じはしますので、日中たくさん履いたら夜の湯冷め防止には別のを用意した方が良いかもしれません。

▼詳細をチェック!
究極の防寒ソックス【ネット限定カラーあり】|通販のベルメゾンネットicon

冷え性はすぐには治せないので、物理的アイテムで乗り切ろう!

こちらも私の愛用アイテムです。ダウンは軽くて暖かいのでお家の中でも着よう!
ベルメゾンのダウンはんてんが羽毛布団を着ているみたいに暖かくて一度着たら脱げない件

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪