エクセル(半分くらい)要らずの楽々資産管理法

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

着実な資産形成には定期的な資産の把握が重要です。でも、把握するために時間や手間は掛けたくないですよね。

money

「僭越ながら」さんのこちらの記事をとても興味深く読みました。
(追記)「男の節約術」を学び、Excelを使って5年で1000万円貯める手順を知る。 – 僭越ながら
この通り本気でやれば5年で1000万円は貯まると思います。

でも、「エクセルを使って」のところが作業量が多すぎてよっぽどマメな人じゃないとハードルが高い感じになっています。

そこで、ズボラーな私が行っている方法を書いてみました。

(項目は「エクセルで資産をコントロールする方法」より抜粋)

【1】口座残高を月次管理する
マネーフォワードで毎日でも管理できるよ。
私は銀行口座7つ+証券口座1つ+投信口座1つ+クレカ5枚あるけど全然余裕。毎日残高を見てニタニタするのが趣味。

【2】月次の増加目標額を設定し、目標と実績の乖離を<見える化>する
マネーフォワードを使うと楽だよ。ただし、目標管理はエクセルが必要。

【3】株式・投資信託などの『リスク資産』も月次で時価評価する
マネーフォワードで一部はできるよ。毎月の集計を自力で保存して時系列にする必要があります。

【4】エクセル上でグラフ化する
マネーフォワードの機能でできるよ。

【5】毎月、給与の一定額を積み立てる
住信SBI銀行の「定額自動振込」機能でできるよ。
詳しくは→ 給与天引き貯蓄システムを自前で手数料無料で構築する方法

【6】マクロ経済指標も記録し、<見える化>する
ここはエクセルの出番!!
Excel VBA(エクセルマクロ)で自動取得するようにすれば楽ちん化できると思います。
頑張って下さい。

というわけで、エクセルの出番を減らして、これだけ楽ができますよという例でした。
来年は消費税増税だし、家計を引き締めるつもりなら、マネーフォワードでまずは資産の把握をしてみましょう。
登録無料! >> マネーフォワード

なお、おすすめ機能はAmazon連携です。無駄遣いが品物の名前レベルで分かっちゃいますよ。
Amazon中毒の方は登録してみてくださいね。
詳しくは→ Amazon連携がキター!マネーフォワードが最強の自動家計簿

守銭奴・セコケチ・吝嗇家、何と言われようとお金を貯めるのが好きなしゅうまい(@shumai)でした。

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪