レディースファッション特有の合成語どれだけ分かりますか?

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女性のファッションアイテムは、次々と新しいものが出てきて、ついていくのが大変です。男性には「何じゃこりゃ」であろうアイテムを集めてみました。

掲載単語:コーディガン、スカッツ、スカーチョ、レギパン、チノンス、パギンス、デニレギ、デニンス

コーディガン


「コート+カーディガン」で、コートより薄くカーディガンより暖かい上着を指します。
ガウンのように羽織る丈が長めのアイテムです。
私は最近知ったので新しめ単語かもしれません。

スカートから派生した単語


次に、スカートと何かをくっつけた単語です。
こちらは、どちらかというと楽をしたい人向けのアイテムかなと思います。

スカッツ


「スカッツ」は「スカート+タイツ」と思われます。
タイツにスカートがくっついているので、タイツを履くだけでボトムの着替えが完了します。
楽ちんアイテムなので、おしゃれ度は低いものが多いと思います。

スカーチョ


「スカーチョ」は「スカート+ガウチョパンツ」です。
ガウチョパンツの中でも、一見スカートのように見えるフレアなシルエットのものです。
流行中のガウチョパンツは男性陣の受けはあまりよくないみたいなので、「一見スカート」というのが重要になってきたのではないでしょうか。

レギンスから派生した単語


「レギンス」とは、タイツとパンツの中間っぽいアイテムです。
伸縮性のある布地でできており、足に沿った細身のシルエットのものが多いです。
生足の難を隠せる便利なアイテムとして大流行してすっかり定番になりましたが、最近はソックス人気が高まって押され気味のようです。

登場時はこのようにスカートの下にはいて、ヒール靴やパンプスをあわせるのがオシャレとされていたと思います。

そこから派生してきたのが「レギパン」「パギンス」「デニレギ」「デニンス」「チノンス」などです。

レギパン・パギンス


「レギパン」は「レギンスパンツ」の略です。「パギンス」も同じ意味です。
タイツ寄りのレギンスよりもパンツ寄りで、スカートの下に履くのではなく、パンツのように独立して履くことができます。
トップスは丈の長いチュニックをあわせて、スタイルが良い人以外は腰は隠す方が無難です。
細身なので柄や色が派手なものもあわせやすいです。

デニレギ・デニンス


「デニレギ」は「デニムのレギンス」です。「デニンス」も同じ意味です。
まるでデニムのような色とプリントのレギパンのことです。
ジーンズのような見た目なのに、着心地が楽であるため人気があります。

チノンス


もうこの流れで分かると思いますが「チノンス」は「チノパンのようなレギンス」です。
ただし、あまり人気が無いようで商品は少ないです。

まとめ


ご存じのものは幾つありましたか?

リストアップしていて、レディースファッションのアイテム名は次々と新しいものがネーミングされるのだなと分かりました。

コーディガンのような新しく名付けてジャンルを作るアイテムは「コートもカーディガンも既に持っているけど、コーディガンなら買ってみようかな」という購買意欲をそそるのに有効なのではないかと思います。

また、既存のアイテムの組み合わせのネーミングは全く知らない単語よりは馴染みやすいですよね。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」というジェームス・W・ヤングの言葉を思い出しました。

関連記事


私がドハマりした洋服の通販「オシャレウォーカー」毎日チェックしたくなる仕組みとは?

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪