Insta360 Nanoで気軽にスピーディーに全天球カメラ撮影が楽しめるよ

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

全天球カメラは楽しい!でももっと気軽にスピーディーに撮ったり写真をシェアしたりしたい!そんな私が2つめのカメラに手を出しました。少し使ってみたところ、とても満足しております!

DSC08797
「Insta360 Nano」はiPhoneのLightingコネクタに差し込んで使うという超機種依存な全天球カメラです。
iPhone 6および6 Plus、iPhone 6sおよび6s Plusだけで使うことができます。(iPhone5系やSEは未対応)【追記:iPhone 7と7 Plusにも対応しています】
ノーファインダーでの単体撮影もできますがファイルの記録が独自形式なのでエクスポート用に必ず対応したiPhoneが必要となります。

パッケージと本体


このような内容になっていました。
私は日本の正規代理店であるサンコーレアモノショップで購入したので、日本語の取扱説明書が付いており親切です。

使い始める前にはUSBケーブル(付属)で充電をします。
またiPhoneから取り外した状態で単体撮影をする場合にはマイクロSDカード(別売)を入れておきます。

充電している間にiPhoneに撮影アプリをインストールしておきます。
私がダウンロードした時点ではアプリ名の検索で出て来なかったので、説明書のQRコードを読み込んで直接アプリのダウンロード画面を開くのが良いと思います。

充電ができて撮影する時にはiPhoneをひっくり返して普段は底にあるLightningコネクタにInsta360 Nanoをさします。(私のiPhoneはiPhone 6 Plusです)
アプリは最初から上下逆さまに起動するようになっています。

電源ボタンを押してから青いLEDが点いてその後に撮影準備完了を知らせる緑色のLEDが点くまでは「6秒」でした。
めっちゃくちゃ早くて満足しています。

私が最初に入手したGiroptic 360camは電源を入れるのに何十秒も待たされてそこから静止画モードに移行するのにも待たされるので、起動時間が掛かりすぎてマメに電源を切ることができませんでした。
それと比べるとストレスフリーです。

撮影時には片方のレンズで写っている部分と、全体を繋ぎあわせた画像がリアルタイムで表示されますので、写り具合を確かめながら撮影することができます。(部屋が散らかっていて恥ずかしいのですが…)

この見ながら撮影するのがとてもスムーズであるのがWi-Fi接続ではなくiPhone直結であるメリットです。
シャッターボタンを押してから撮影されるまでも早くてカウントダウンの秒読みもありませんので、盛り上がった瞬間に撮影することができます。

iPhoneに接続して撮った写真はアプリの中に蓄積されます。つまりiPhone本体の記憶領域を使います。

最終的に人にあげたり見せたりする時にはカメラロールへのエクスポートもしくはInsta360専用サイトへのアップロードをします。

専用サイトへのシェアはこのようにブログに埋め込みもできます。
最初は「Fisheye」になっていますが「Normal」にした方が人間の目で見た感じと一致します。
「VR」にするとハコスコなどで立体視できるように左右の画像になります。

▼ここに埋め込みで表示されます(表示されない場合はこちら

注目すべきはスティッチ(画像のつぎ目)がとても自然なことです。
足元のタイルの目地が真っ直ぐですよね。

私がしかめっ面をしているのはまばたきをする時にシャッターを押してしまったようなので気にしないでください。全天球撮影は自分も写っちゃうから難しいですね…。

ファーストインプレッション


良いところ
・起動が早く一瞬で撮影スタンバイできる
・Wi-Fi接続しなくていいので準備早いしファインダーへの反映がリアルタイム
・動画撮影も簡単にできる
・マイクロSDカードで大容量の撮影が可能(単独撮影時)
・軽くて小さいのでハンドバッグにでもポンと入れておける
・レンズの出っ張りがシータより小さいので机の上に置くときとかに緊張しない
・USB充電しながらでも使える
・専用のシェア用サイトがあり個別のURLになるので教えた人しか見られない
・紙製VRゴーグルが付属するので撮った写真の立体視ができる
・死角になるところに表示するロゴマークを好きな物に取り替えられる

良くないところ
・機種依存っぷりが激しいので使える人が限られる
・本体に三脚や自撮り棒を取り付けられる穴が無いので手が必ず写っちゃう
・iPhone接続撮影ではアプリ内に写真が保存されるためiPhone側に記憶容量が必要(SDカードに逃がすことはできない)
・専用アプリが必ず上下逆さまになるので他のアプリからシェアしたい時はiPhoneをグルグル回転させることになる
・iPhoneにケースを付けている場合、着脱が面倒
・カメラもiPhoneも発熱してくるのが心配
・アプリ内での顔ぼかしなどのレタッチができない(エクスポート後に自分で任意のアプリで加工することは可能)

どこで買うべき?


私は翌日出荷で1年保証のある「サンコーレアモノショップ」で購入しました。
8月19日に注文して21日午前中に届きました。
日本に在庫してないのか届くのに時間がかかる他のショップもあるので気をつけてください。

▼楽天市場

▼Amazon.co.jp

他にももう少しだけ安いショップもありますが保証やサポートを期待するなら正規代理店でのお求めが良いかと思います。

やっぱり撮影まで待たせない白けさせない全天球カメラって良いですね!

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪