福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」忙しい人向けバージョン

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

まさか公立図書館のページでこんなに笑う羽目になるとは予想外でした。

130108_smile_250
福井県立図書館のとあるページ。

本のタイトルがよくわからない、うろおぼえ。 図書館のカウンターで出会った覚え違いしやすいタイトル、著者名などをリストにしました。
青字で表示されているタイトルをクリックすると、より詳しい本の情報が見られます。
覚え違いタイトル集へ掲載する、あなたの出会った覚え違いを募集しています。情報提供メールフォームから情報をお寄せください。
覚え違いタイトル集|福井県立図書館

カンサンジというテレビに出てる評論家
生姜(しょうが)みたいな名前の人

姜尚中(かん さんじゅん) 『悩む力・続』2012.6 集英社新書 など著書多数。

生姜みたいな名前の人…

ウサギのできそこないが2匹でてくる絵本

『ぐりとぐら』なかがわりえこ/著 おおむらゆりこ/著 福音館書店
ぐりとぐらは、おりょうりすることたべることが好きな「のねずみ」です。

ウサギのできそこないw

わんちゃんを追いかける犬のはなし

『アンガスとねこ』マージョリー・フラック/さく・え 瀬田貞二/やく 1982 福音館書店

だから「ねこ」だってば

「100万回死んだねこ」

『100万回生きたねこ』佐野洋子/作・絵 1977.10 講談社

殺すな…

法政大学出版局から出ている『フラダンス』

『船箪笥の研究』小泉和子/著 2011.4 思文閣出版

お耳の遠い方だったのでしょうか

『文庫日記』

『文車日記(ふぐるまにっき)』田辺聖子/著 1974 新潮社

微妙すぎて意外と誰も気づかない系

ありがとうふるかわせんせい

『ありがとう、フォルカーせんせい』パトリシア・ポラッコ・作・絵 2001.12 岩崎書店

国籍違うんじゃない?

『ぶるる』みたいな旅行ガイドの本はどこにある?

『るるぶ』JTBパブリッシング発行

ふるえてる

大木を抱きしめて

『敗北を抱きしめて・上、下』ジョン・ダワー・著 2001 岩波書店

抱きしめるものが違うよ

まんじょうき

『方丈記』鴨長明/著 2007 角川学芸出版 ほか多数。

ほうじょうき…

あでらんすの鐘

『あんでらすの鐘』澤田ふじ子/著 2011.1 中央公論新社

カツラですか

背中を蹴飛ばしたい

『蹴りたい背中』綿矢りさ/著 2003.8 河出書房新社

だいたいあってる

田んぼの中にタガメがいる

『誰がために鐘は鳴る』ヘミングウェイ/著 上・下 新潮文庫 ほか

テラ腹筋崩壊w

トコトコ公太郎

『とっとこハム太郎』河井リツ子/著 1997.11 小学館

ハム=公ってパズルかっ

司書さんの凄さ炸裂のもの


このヒントでよく出てくるな…というものを集めました

おじいさんが死んで、表と裏の日記があって、ヨーロッパやエジプトを旅する本

『オレンジの壷・上』『オレンジの壷・下』宮本輝/著 2002.7 光文社

おしっこもれちゃう

『もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう』土屋富士夫/作・絵 2000.1 徳間書店

子育ての本でみょうなんたらさんの本

明橋大二(あけはし だいじ)『子育てハッピーアドバイス』(シリーズ4冊を所蔵しています。)

「主婦の友」とかでよく見るんだけど、名前が読めない人の本。

奥薗壽子(おくぞの としこ)。『ズボラ人間の料理術達人レシピ』など著書多数。

司書さんってやっぱりすごいな。

「覚え違いタイトル集」ができるまで


以前からあるページなんですね。定期的に流行るようです。だって面白いですから。

【ホームページでの公開のきっかけ・理由等について】

 貴重な事例を職員だけで独占していてはもったいないと思い,ホームページにアップすることにしました。公開の目的は,2つあります。目的の1つ目は,直截的なものです。カウンターで職員にたずねてくださるお客様はほんの一握りで,多くのお客様は,OPACでの検索で「ない。みつからない」としょんぼりしておられるはず。そのような方に,ヒントとして活用していただきたいと思ったからです。

 目的の2つ目は,レファレンスサービスの認知度を高めることです。図書館のレファレンスサービスというのは,実はかなりの力があるのに,ほとんど知られていません。福井県立図書館のホームページでは,レファレンス事例集やパスファインダーをアップして,レファレンスサービスの広報に努めてはいますが,そもそも,「図書館のページ」の訪問者にレファレンスのページを開いていただかないと情報にアクセスしてもらえないという大きな欠点を克服できないことには,話になりません。

 Webコンテンツを見ていただくためにはそこにエンタテインメント性,すなわち「面白さ」が必要だと思います。覚え違いタイトル集は,福井県立図書館のエンタテインメントコンテンツであり,図書館を知っていただく,訪れていただくためのしかけです。ここに「面白そうだから」と訪れていただいて,ついでにいろんなページをご覧いただき,図書館について知ってもらえれば,そして,レファレンスのメールなどを送っていただければ,ふらりと行ってみようかなという気持ちになっていただければ,最高です。
E967 – 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで | カレントアウェアネス・ポータル

このサービス精神に拍手!

この記事を書いたのは

しゅうまい(@shumai)です。 新しいこと楽しいこと不思議なこと、わくわくすることが大好きです。MacBook Pro 15inchとiPhone 7 Plusの大画面コンビでブログを更新しています。→ 詳しいプロフィール

お役に立ったらポチっとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新情報はフォローしてね♪